千葉市:maple様 | ラグラグ LaguLagu バリ島

バリ 旅行 リゾート【ラグラグ LaguLagu】 > お客様の声 > 千葉市:maple様

千葉市:maple様

お蔭様で今日(あ、もう日付が変わってしまい、昨日ですが)無事に帰国しました。
ワヤンさんとデワさんには今回も本当によくして頂きました。
実は私達、ウブドではいつも絵ばかりに気を取られ、案外観光名所をちゃんと見ていないことに気付きまして、ワヤンさんには大笑いされました。
今更ですが、キンタマーニ、湧き水寺、グヌン・カウイ、ゴア・ガジャなどを廻って頂きました。
連日好天に恵まれ、長い階段は汗だくでしたが、楽しかったです。
念願の「ライステラスを眺めながらのランチ」も大満足でした♪
やはりウブドの景色は最高です!
 
最終日はお昼のチェックアウト後に、どんな風に時間を過そうかと途方に暮れていたのですが、幸いワヤンさんのご都合がついたので、この日も半日ショッピングに付き合って頂きました。
お陰で全く無駄な時間を過すことなく、最後の最後までバリを満喫できました。
本当に有り難かったです。
主人も「ただツアーで来ているのと、ワヤンさんたちがいてくれるのとでは全然安心感が違うね」と、本当に感謝しております。
 
そうそう、到着した翌日、どうしても気になって、セント・レジスをちょっと覗きに行ってみたのです。
予想以上にゴージャスなホテルで目をまん丸にしちゃいました。
しかし、私達が感動したのは、その豪華絢爛な設備ではなくスタッフの質の高さでした。
ロビーでキョロキョロしていると、すぐにスタッフが駆け寄り「何かお探しですか?」と。
我々が「ナシゴレンが食べたいのだけど、ランチできる場所はありますか?」と聞くと、快く何箇所かあるレストランを案内してくれました。
レストランのスタッフも完璧な対応でした。
その昔、あのアマンキラでさえ、私達がお茶をしに行った際は、ちょっと『よそ者扱い』でした。
宿泊者と外部から来たお客とは、その扱いにどうしても格差を感じるもので、それも当然かと思います。
でもレジスのスタッフは本当に温かくて、私達がよそ者である事を忘れさせてくれました。
更にレストランのスタッフに「ぜひ次回はここに泊まりたい!お部屋を見せてはもらえませんか?」と聞くと、すぐにバギーを手配してくれて、別の方がヴィラまで案内してくれました。
ワヤンさんも見せてもらったという(逸子さんの息子さんも、この時一緒に見に行って下さったんですよね?!すみませんでした)ヴィラと同じタイプの部屋だったようなので、恐らくデモンストレーション用のヴィラなのでしょう。
本当に溜め息が出るようなヴィラでした、泊まってみた~~~~い。
「最終日に一日だけここに泊まっちゃおうか?」と旦那が言い出し、「いや~、泊まりたいけど・・・いくらなんだか」と、冷やかしで値段を聞いてみてビックリ!
とてもあのヴィラは泊まれそうもありません。
 
翌日、ワヤンさんが私達がランチをする少し前に、お客様をピックアップにレジスにいらしていたと聞きビックリ。
早速レジスに泊まられた方がいらしたのですね。ニアミスでした~(笑)。
 
あ、そうそう、今回出発前にレストランの情報を何軒か伺いましたよね。
あの中で、ジンバランのペペネーロというイタリアンレストランに行ってみたのですが、なかなか良かったですよ!
F.シーズンからタクシーですぐなんですが、高台にあるので夕暮れ時は空が赤く染まって綺麗みたいです。
我々は日がとっぷり暮れた頃に行ってしまい、ちょっと残念でしたが、カジュアルだけど海外リゾートっぽい雰囲気で、メニュー(因みに日本語はないです)は本格的、味も合格!
インドネシア料理って毎日毎日食べても全然飽きませんけれど、もしジンバラン近辺でイタリアンレストランをお探しのお客様がいらしたら、ちょっとお薦めです。
 
しかしバリも今回で5回目。
もしかしたら、そろそろバリも飽きてくるかなぁ~と思ったのですが、とんでもなかったです。
毎度のことですが、やはり今回も「またすぐに還って来るぞ~!」という思いを強くしました。
 
それにしても、いったいいつになったらお目にかかれるでしょうんね~、私達。
逸子さんとはメールでしかお話したことがなくて、電話もした事がないと言ったら、ワヤンさんがビックリしてましたけれど・・・。
また次回もお世話になるかと思いますが、宜しくお願いしま~す。

お問い合わせ