自称「整体師」のおじさんに会いました | ラグラグ LaguLagu バリ島

バリ 旅行 リゾート【ラグラグ LaguLagu】 > ブログ > 自称「整体師」のおじさんに会いました

自称「整体師」のおじさんに会いました5月24

変なおじさんに会いました

 

ラグラグ・オフィスの前で、

外国人の女性がなんか困り気味に

バリ人の男性と話しています

 

デサといっしょに様子を見に表に出ますと

 

どうもお互いの会話が通じあわないようです。

デサさんですupwardright

 

デサが「何かお困りですか?」と尋ねます

その女性はふっくらした中年の女性で

カナダから夫婦でバリ島へ旅行に来て

ウブドに滞在しているようです

 

バリ人の男性は、汚れ気味だけどバリの正装を身にまとっています

貧相だけどお坊さん?

物売りかな?

トランスポートの人には見えないけど…

 

って風貌です

ただ一生懸命彼女に説明しているんです

 

それで、何者かと言いますと

 

自称「整体師」で医療用のマッサージをする人なんですって

 

それで、カナダ人の女性が

彼のマッサージを試してみたい、と興味をそそられているようなんですが、

今旦那さんは宿にいるので

自分一人で決めかねられない様子

 

もうひとつ、

どこで、どのように受けたらいいんだろう…

料金はいくらくらいなんだろう~~

 

信用していいんだろうか~~

 

と、迷っているようなんです

 

見ると、彼女の足にはギブスが…

 

デサが通訳して彼女の質問に答えています

マッサージのおじさんは 

「あなたの宿泊先に行って、部屋でもどこでも施術しますよ

料金は気持ちだけでいいです」

 

ただ、彼の身元保証は、私も初めて会う顔なので気になります。

すると、隣の「Paris Frenchカフェ」の知り合いで、

ここのオーナーにも時々施術しているそうで。

「友達だ、友達だ」と言います

 

バリ人は誰でも知っているだけで「友達」なんですが…

 

彼の説明をデサが伝えると

 

女性は、少し安心したみたいで、

主人とこれからの旅のスケジュールを検討して

いつなら受けられるか相談してきたいので、

名刺か何か連絡できるものを欲しいと言って

 

彼の名刺を受け取って帰って行きました

 

私はその時、まだ声が出なくて、体調も思わしくなかったので

今度は私がそのおじさんに興味を持ちながら

 

デサと話しているのを横で聞いていると

 

おじさんが「あなたは、今、体に問題ありますね」

と言うんです

「あら、わかるの〜〜

喉を痛めて声がね…」

と言いますと

 

「それは体の歪みからきてるから、

骨を整えたら楽になるよ

3時間の施術が必要だけど、時間ありますか?」

 

と言うんです

 

本当は時間あるけど、

3時間はね~~

 

それに、このおじさんのマッサージの腕も知らないしね

 

ただ、本当にしんどかったので

体を揉みほぐして欲しいという気持ちが勝って

 

1時間ならお願いしようかな~~

 

ということで、部屋に来てもらったんです

整体師といえども、やはり初めて会った人

何者か気になりますので、

一応私もざっと質問します

 

家はどこ?

なん年くらいやってるの?

お客さんはどうやって探すのか?

 

まあ、バリではこんな感じで、

呼ばれたらマッサージを施すフリーの人は、ごまんといるので

そう珍しくもないのですが。

 

興味深かったのは、

 

今日みたいに、

体のどこかに問題があって、

”なんとかならないかな~~”

というオーラーを出している人と

自然に出会う

というのです。

 

「ほら、さっきも隣のカフェで友達と話していたら、

足を引きずったカナダ人の女性が現れた

その人と話していると、あなたが繋がってきた」

 

とうことを話しました。

 

ああ~~なるほどね!

 

自称「整体師」のおじさんも、自分を信用してもらうために

自分の施術のスタイルを説明します

 

それから、カバンから梅干し大の木の実を出してきて並べました

この木の実が、関節をほぐすのに特殊な作用があるんだとか

そして、持ってきたペットボトルに入った聖水を

飲むように促されます

更に、ボロボロになった分厚い本を取り出してきました。

 

見ると解剖学の専門書。

人体のあらゆる箇所の筋肉、骨格が示されていて

誰かにもらったのかな~

かなり読み込まれていて、そこらじゅうに走り書きも

 

このおじさん、本当にこの本をそこまで読み込んではるんやったら、

本物かな~~

 

ということで1時間みっちり木の実と、

聖水を使って丹念にマッサージをしてくれました

 

おじさんは、鼻が悪いのか終始鼻をグシュグシュいわしてはります

 

終わったら、とってもすっきり体の骨と筋肉がほぐれたのが感じます。

 

お気持ちの10万ルピア(約千円)を払ったら、

すごく喜んで、

 

「明日もどうですか?」って

おじさんは、何度も

「本当は、3時間のマッサージで施術が完了するので

是非次回は3時間で受けて欲しい」

と言うんですが…

 

 

 おじさんは機嫌良く、バイクにまたがって帰って行きました

バイバイ〜〜!

 

それからおじさんは3日間毎日やってきました。

 

「今日はどう?」って。

 

でも私は、丁重にお断りしたんです。

 

確かにマッサージは丁寧だし、後もすっきりしてよかったんだけど

 

自分の部屋で、おじさんと二人っきりで

 

ちょっとね。

 

日本では考えられないほど、無防備ですよね。

 

道端で初めて会った身元も定かでない人を家に

入れてマッサージを受けるなんて

 

しかし、バリって自然とこういうことって、

 

「あり」になってしまうことが…

 

それから、ずーっと鼻をグシュグシュもね…

諸々を超えても、またやってもらおうというところまでは

いかなかったので…

すんませんね〜おじさん!

自称「整体師」のおじさんに会いました へのコメント

  • よし より

    ほ~ 流しの整体師ですか。
    僕なら気にせず受けますが、家内1人なら絶対に受けないでしょうね。
    今迄一度もバリでダマされたことも危険な目にあったことはありませんが
    それでも、君子危うきに近寄らず(誰が君子やねん?)

    随分昔に、飛び込みで入ったマッサージ店で、雇われ店長さんが案外上手で
    しかも話が上手(商売以外の話が)なので
    宿に来てマッサージをしてもらったことがあります。
    彼女は自分のマッサージをHealing MassageとかTherapy Massageと呼んでいました。
    理論的な背景があるようで、施術の後でそのウンチクを聞いたことがあります。
    残念ながら結婚して仕事は止めました。惜しい腕だったのですが。
    ひょっとして、謎のオジサンも隠れたヒーラーだったりして♪

    • ラグラグ★いつ子 より

      ⭐︎よしさん

      私もおばさんやけど、やはり…なんかね。。

      バリ在住の友人は、いつもいくボカシのマッサージは必ず
      男性マッサージ師リクエストされます。
      「力加減が抜群やね。やっぱり男がうまいんや」だそうです。
      その彼女でも「自分の部屋では、ちょっとな〜〜」と
      言われますからね。

      足裏マッサージなら、男性でもOKですよ。
      サヌールの「グッドカルマ」の
      ゴッドハンドを持つ男「マイケル」に
      リンパマッサージ受けたことがあります。
      この人すごかったです!それでも、リンパ節に集中しますので、
      やはり抵抗ありましたね。

      それなのに。。。
      この流しのおじさんになんで受ける気になったんかな〜〜
      隠れたヒーラーかもね。

  • マチコ より

    こんな風貌のおじさん、よく見かけますね。笑
    確かに部屋でおじさんと二人きりというのは、
    ちょっと気になるわ~。
    日本でだったら絶対お断りすることも、バリだと「あり」に
    なってしまうのが不思議。
    以前、道端で日本語が堪能なバリ人に「本物のガムランボールを売っているお店に案内する」と言われ、
    怪しいと思いつつ連れていったもらったことがありますよ~。ははは

    マイケルさんのマッサージ、私は大好きで毎年必ず受けてれてます!

    • ラグラグ★いつ子 より

      ⭐︎マチコさん

       「日本でだったら絶対お断りすることも、バリだと「あり」に
      なってしまうのが不思議」

      でしょう〜〜!!!

      後から考えると、それちょっとね〜〜と
      自分の無防備に驚きますが、それでもつい「あり」になるんですね。

      私の友人はそれで、詐欺にあった人もいますので
      一応注意はしないとね。

      マイケルさんのマッサージ、マチコさんも毎年受けてられるんですか?
      リンパマッサージなので下半身から全部鼠蹊部に流すでしょ。
      考えすぎ?ははは〜〜

体験談やオススメ等、お気軽にどうぞ!

メールアドレスは公開されませんので、お気軽にコメントをお寄せ下さい。

* マークは必須項目ですので必ずご記入下さい。