終わり良ければすべて良し…かも | ラグラグ LaguLagu バリ島

バリ 旅行 リゾート【ラグラグ LaguLagu】 > ブログ > 終わり良ければすべて良し…かも

終わり良ければすべて良し…かも3月23

私たちは雨の中玄関で見送ってくれる
コマンと旦那のプトゥさん

その姿は幸せな新婚さんのようでした。

私たちは帰りの車の中で
コマンは幸せなのか?大激論になりました。

ワヤンもデサも、とりあえずコマンの家が自分たちのレベルより
うーんと裕福そうなのに驚いたのと
なんとも羨ましい。。。

ワヤンは

「プトゥさんは、賢かったですね。
8年間オランダで頑張って仕事して、
お金をいっぱい送る事ができたから
あんないい家を買えて、いい車も買えて

贅沢な生活ができたのだから。

コマンさんも、幸せになりましたね」

「そうかな〜〜
本当に幸せなのかな〜〜
8年も帰らなかった旦那…
その間待っていたコマンのストレスは、どうなのかな〜
エンジェルの戸惑いは、どうなのかな〜」

と私は思う訳でして…

 

でもワヤンは

「そんなことないですよ!

コマンさんもエンジェルも幸せです。
家の中見たでしょう。
私たちの家にはないものいっぱいあって
お金がいっぱいあるのは幸せです!

大きな冷蔵庫でしょ、新しいパソコンにゲーム機もあるし

オランダからのいっぱいのお土産で、エンジェルは喜んでいましたね。

いつこさん、お金があれば、なんだってできるんですよ。」

 


 

「へぇ〜〜そんなシンプルな事なの?

帰らなかった旦那のいない間のコマンの心の寂しさや葛藤、

戻って来てもどうもしっくり来ない関係とか

それはどうなの?」

するとワヤンは

「今いるじゃないですか。
お金もあるし、家もあるし、
プトゥさんの両親の顔もすごく幸せそうだったでしょ。
だから今はみんな幸せになったんです。
それはオランダで長く頑張ったからです。
ああ〜〜私も外国へ行って仕事したいです」

デサも
「私も旦那さんがいなくても
お金送ってくれたら文句言わないわ。
お金があれば幸せ」

デサはいとも簡単に断言します。

コマンのセンシティブな心を思うと
そんなシンプルに
「豊かな生活=幸せ」だけかな〜〜とすっきりしない帰り道でした

ドラマの最終回のハッピーエンドみたいには…

 

ワヤンやデサたち一般の彼らの生活を見ていると

宗教行事、教育、病気や怪我など、

何かあれば、この人たちの生活レベルでは追っ付かない程
とてつもなくかかってしまうお金。

金策に苦労しているんですからね
「とりあえずは、お金」

…無理もないわね


私が憂う程、バリ人のシンプルな気質を考えると
ほんとうに”いなかった間の心”の事は、さしてたいした事ではないのかも

終わり良ければすべて良し!

なんかも…

さあ、コマン!これから第二幕が始まるんやで!

シンプルに考えられるバリ人気質、なんだか羨ましい気がしてきました

 

終わり良ければすべて良し…かも へのコメント

  • よし より

    3年前にバリ島と世界各国の自殺率を比べたことがあります。
      バリ島   4.3人/10万人あたり
      日本   23.7
      オランダ  9.3
    となり、ナルホド実感の通りです。
    バリ島内の県別実数もあり、田舎に行くほど自殺率が高くなっています。

    即物的な言い方をすれば、少なくともバリ島では所得と自殺は反比例し、所得と幸福は比例する
    とワヤンもデサも考えて当然です。
    ですが
    平均的な数字ではそうかも知れないけれど、個別の家族にとっては話しは別です。
    これは統計学の基本ですよね。
    収入が多く、学歴もあり、知恵もあるコマンはデサとは違う感性があり
    「自分はまわりのバリ人とは違ってしまっている」とわかっていながら
    それでも、同じようにふるまうべく努力している。
    そういうように僕には見えるのです。
    小さな子供にまで同じような緊張を強いるのはよくありません。
    コマンとプトゥはそのことに気がついていないのでは?

    とまあ、僕の子供の頃を思い出しながら考えてしまいました。

    • ラグラグ★いつ子 より

      ★よしさま

       いや〜〜よしさんの分析おもしろいですね。
      よしさんのコメントで私のブログにも箔がつきます。

      バリ人の自殺者の統計も大変興味深いです。
      自殺者の主な原因はなんでしょう?

      一度ブログでも書きましたが、
      スタッフのドラちゃんが「おじさんが死んだので明日休みます」と言いまして
      「自殺です」ってごく自然に言うものですからびっくりしてたら、
      ワヤンが横から「自殺は多いですよ」と、これまたけろっと言います。
      長患いや治療にお金がかかるとやはり経済的に持たなく、
      家族に迷惑かけるので自殺するというのですが…なんと痛ましい話で、ショックしていました。

      それからコマンとデサの感性の違い、
      よしさんの読みはさすがです!
      コマンは殆ど私たちと同じ感性で、心の深いところで感じる事を見つめて
      自分の生き方を模索しています。

      私はコマンに自分のための生き方を作って欲しいと思うのですが、
      バリという土壌では、なかなかね。

      面白いコメントありがとうございます!

体験談やオススメ等、お気軽にどうぞ!

メールアドレスは公開されませんので、お気軽にコメントをお寄せ下さい。

* マークは必須項目ですので必ずご記入下さい。