気迫のバリの「闘鶏」 | ラグラグ LaguLagu バリ島

バリ 旅行 リゾート【ラグラグ LaguLagu】 > ブログ > 気迫のバリの「闘鶏」

気迫のバリの「闘鶏」1月21

静かに、この荘厳な「クヘン寺院」を堪能している外から

時折、興奮する男たちの大きな声が聞こえてくるのが気になって…

デワが「闘鶏です」って

私も、今まで何度か、闘鶏に出くわしたことがあります

大きなお祭りの際に

寺院や村の集会場で行われるものもあれば

その辺の空き地で、こじんまりと行われている闘鶏もありました

 

男たちの殺気めいた声の盛り上がりで

ああ、闘鶏やっているんだなぁ〜とわかりますが…

 

以前ちらっと見たときも、

鶏が命がけで闘って、

息絶えていくのを見るのは、なんだかちょっとね〜〜と

その場をすぐ立ち去っていましたが

 

この「クヘン寺院」の静寂さを打つ破るような

沸き起こる声のあまりにもの迫力に

こっちもなんだかエキサイトしていくように引き寄せられて

 

行ってみようか!

たくさんのバイク

 

大きな集会場に大勢の人。

大掛かりな「闘鶏」のようです

 

 

バリの「闘鶏」は、

神様に捧げる神聖な儀式と言われています

 

「闘鶏」によって流れる鶏の血は、地霊を鎮める

という意味があるんですって

 

闘鶏の鶏は、その辺でウロチョロしている鶏とは違って

 

デンパサールの大きな市場で

「闘鶏用」として売られているのを買ってきて

大事に大事に育てるんだそうです

 

よく夕方、村でおじさんたちが座って

鶏を大事そうに抱きかかえている風景に出会います

 

あれは羽の周りの筋肉や足腰を鍛えるため

マッサージをしているんです

餌だって、強い鶏を作るため上等なご馳走を与えます

よく竹で編んだ釣鐘型のカゴの中で

コケコッコー~~!!と叫んでいる鶏がそれだって

チョロチョロ自由に動き回っている鶏はストレスもなく

のんびり暮らしていますが、

カゴの中に入れられている鶏は、うっぷんがたまって

闘争心をかきたてられるんだとか

 

盛り上がる大きな闘鶏場の横で、

小さな場を張っている

サイコロゲーム風のボールゲームに興味を惹かれて目をやると

少人数でのんびりギャンブルを楽しんでる男達

その中の若者が

「おいでおいで」と呼んでくれたものですから

 

ちょっと遊んでいこうか

手前のシートに赤や緑や黒などで書かれた模様に

掛け金を置きます

 

ディラーである正面のにこやかなおじさんが、台の上にボールを転がしますと

ボールがコロコロとそれぞれの模様のくぼみに

ゴトンゴトンと入ったかと思うと、また転がって…

私が賭けた模様にも一旦入ったかと思ったら

また動き出して隣のくぼみにIN

5千ルピア(50円)掛け金を置いたのですがパア

呼び込んだ若者が気の毒がって、

「もう一回していいよ」って遊ばしてくれます

結局2回とも負けちゃいましたが、まあ楽しく遊ばせてもらったからね

 

闘鶏の方ですが、また新たな戦いが始まるようで

お札を握りしめた男たちが、

その手を高々と上げながら

口々に

「チョ、チョ、チョ」とか「ガッ、ガッ、ガッ」とか、

わけの分からない必死の気迫で叫ぶ声には

圧倒されます!

 

飼い主に抱えられた鶏たち

土俵の上で

向かい合って、お互いの顔を近づけて、

けしかけているんですね。

羽をばたつかさせられたり

睨み合いをさせられたりと、闘争心を煽っているようです

それぞれの鶏は、もう興奮が頂点に達したところで、

パッと手を離したら

バタバタバタ!!

空中で飛び上がり足蹴り、体当たり。

くちばしで突きあいの激しい闘いが

それでも、そう勝負は長くかかりませんでした

負けたほうが、羽をばたつかせて、ぐるぐるその場で回って

ああ、もうあかんなあ~~

 

お互いの足には小さなナイフをくくりつけられていて

そのナイフで相手を傷つけたり、急所にグサリとかで

死んでいきます

殺し合いにお金をかけて楽しむ人たちの様は

見慣れない私たちにとっては、なんとも残酷で

いい気持ちのするものではないけど、

まあ、ここバリ島では、これも神様への捧げ物

いうことで、良しとしてるんやね。。。

気の毒なのは鶏やけど…ね。ねぇ、ひよこちゃん!heart04

他に娯楽の少ないバリでは

ギャンブルは、男達だけではなく女性も好きなようです

特に大きなギャンブルの「闘鶏」は、

もっとも男たちをのめりこませて

土地や田んぼを手放す羽目になった人も少なくないそうです。

 

まあ、日本でもいっしょですね。

競馬や競輪で、家も会社も、

すっからかんになる人、いますからね。

 

体験談やオススメ等、お気軽にどうぞ!

メールアドレスは公開されませんので、お気軽にコメントをお寄せ下さい。

* マークは必須項目ですので必ずご記入下さい。