ドラちゃんのための、安宿探しで一悶着 | ラグラグ LaguLagu バリ島

バリ 旅行 リゾート【ラグラグ LaguLagu】 > ブログ > ドラちゃんのための、安宿探しで一悶着

ドラちゃんのための、安宿探しで一悶着10月30

「コモドエージェント」の社長さんの計らいで
みんなの念願の「コモド島ツアー」に行けて
ほんとうによかった!
通常はかなり高いツアーなのに、
このエージェントの社長さんは、ほんまに太っ腹です。
感謝です!
港にわれらのボートが到着したら、
しっかり社長さんがお出迎え
                   社長さんとドラちゃん
次はどうしますか?
ホテルへ戻りますか?
行きたいところありますか?
と聞いてくれますので、
ドラちゃんとワヤンのための宿を、探さなくてはなりませんので
まずは安宿探しをお願いしました。
ラブハンバジョには、宿もピンからキリまであると聞いていましたが
さすが安い宿はひどいもんで、
結構神経質なドラちゃんは、いやそうですdownsweat02
あと3軒程見て回って、きれいな宿があったので
ここにしたいとgoodsign01…ドラちゃんのリクエスト
でも値段聞いたら
一部屋:Rp.300,000(3千円)
思っていたより高いので、
私がケチって
「ドラちゃんとワヤンと一緒の部屋であかんの?」
と一部屋で二人いっしょに泊まるように促しますが
ドラちゃんは、あくまで一人でないと寝られない、と頑張ります。
ワヤンは
「私はどこでもいいですよ。
ドラちゃんといっしょに寝るの大丈夫だし、
いつこさんの部屋の前のバルコニーの椅子で寝るのもOKです!
と,この人は、わたしに協調している事を誇示しますので
ドラちゃんは余計に意固地になっていくようです
本人も、経費がかかる事に心苦しく思っているので
一人でないと寝られない事を言い張るのも辛いのでしょうが、
疲れもあるのかドラちゃんは不機嫌
「わたしが自分の分の部屋代出しますからannoy
少しむっとして、自分のための一部屋をゲット!
まあ〜〜しゃ〜〜ないか〜〜〜
バリ人は頑固!
私もちょっと,ムッ!!
今までも,何度も慰安旅行へ言った事がありますが、
スタッフも私も一部屋あてがうなんて事は皆無です。
 
以前も、スタッフやその家族と総勢28人で
マイクロバスにぎゅうぎゅう詰めと、車2台にでジャワに渡った事があります。
 
ジャワにヒンズー教の寺院があって,年に一度大きなお祭りがあるので
それにお祈りに行くために
車で18時間位かけて走ります
 
そのお寺の近くに、スタッフの親戚の家があるので、
そのお家に、みんなでお邪魔するのです。
そして部屋という部屋にみんなで布団もなしに雑魚寝。
 
はみ出した者は、お寺のひさしの下で寝ます。
そんなスタイルが平気なバリの人。
逞しいなあ〜〜と感心しながらも、
だんだんバリの人は、それが普通と思っていたので、
ドラちゃんの要求はぜいたくだ!
という思いが私の中にありましたもんでsweat01
でも、この人ふだんは無理も利己的なことも言わない人ですから
よっぽど、寝られない事が辛いのでしょう
 
半分あきらめて、結局私は折れさせられる事に…
 
と、まあ…そんな感じで一応二人の宿は解決しましたので
 
次は、
今私たちが泊まっている
「Golo Hill Top Hotel」が
 
満室で使えない場合の
パッケージ組まれているホテルの調査へと出かけます
 
それは空港の近くに新しく建った
「Exotic Hotel…エキゾティック・ホテル」
 
大きな土産物店も併設しています。
 
 

体験談やオススメ等、お気軽にどうぞ!

メールアドレスは公開されませんので、お気軽にコメントをお寄せ下さい。

* マークは必須項目ですので必ずご記入下さい。