オダランの中の「ギャンブル」でひと儲け…いいんかな〜〜 | ラグラグ LaguLagu バリ島

バリ 旅行 リゾート【ラグラグ LaguLagu】 > ブログ > オダランの中の「ギャンブル」でひと儲け…いいんかな〜〜

オダランの中の「ギャンブル」でひと儲け…いいんかな〜〜9月14

なんか、ずいぶん間が空いてしまいましたが、

前回の「オダラン』の中での続きになります。

バリは、一昔前の良き時代を生きてきた日本人の心に

懐かしさを呼び戻し、優しさに触れながら、

自分の中のいい部分を蘇らせてくれます。

緑豊かな田園や渓谷の風景も心を落ち着かせてくれますが

ガムランの特異な音色に包まれて

色とりどりにきれいに積み上げたお供え物。

小さな子供も、茶髪に染めた若者も

バリの衣裳に身を包み、神様に祈る人々の姿

ただの観光地ではない「オダラン」の世界に触れると

いつも感じるのです。

だから「バリなのだ」

だから私はここへくるのだ。

 

集会場にひときわ賑やかな固まりが、

黄色いランプの明かりに照らされた真剣な顔の男性達

なんだか盛り上がっています

「ああ、ギャンブルやってる!」

一度やってみたかったので、参加します

 

絵柄が描かれた,シートには、

虎や、猿に,ワニ、バロン、神様

男心をそそる裸の女の人まであるのには、

ちょっと可笑しい。

これらの6枚の絵をめがけて,賭け金を置きます

いっしょに行った、無欲なサダ子さんに絵柄を選んでもらいます

ディラーのおじさんがお盆の上に3つのサイコロをのせます。

(サイコロにも同じ絵が描かれている)

その上から黒い小さなバケツをかぶせると

お盆とバケツを両手で持ち上げて一振り

お盆を置きます

丁か!反か!…てとこですね

みんな必死な面持ちで凝視

 

蓋のバケツを外すとサイコロの絵が

自分の賭けた絵と,サイコロの絵が合えば

勝ち!

という事でお金が2倍になって戻って来るんです

ちいさい子供まで大人に混ざって,一丁前に

それぞれ選んだ絵柄にお金を放り投げています。

ヤッタネ〜〜〜!!scissorsnote

私たち、旅人が参加しても、抵抗なく歓迎してくれます

ほんとうに庶民の賭場なんですね。

子供の頃に戻ったような懐かしさが、

日常に縛られた荷を、解き放してくるるようです

 

娯楽の少ないバリでは、

闘鶏、サイコロ、カードや、チェスなど

ギャンブルは男達の最高の娯楽みたい。

 

私たちは1万ルピア(100円)が、

なんと一瞬で6万ルピア(600円)に

いいんかな〜〜バリの人達の遊び場で

こんなに儲けさせてもらって…いいんかな〜〜

なんだか、申し訳ない気持ちで握った

その勝利金で、

屋台でコーヒー飲んだり,サテを食べたり

 

バリの庶民感覚を味わいながら濃厚な時間を過ごします

 

誰がどんな宗教を持っていようと、受け入れてくれる
「オダラン」
 
ささやかな娯楽の中にも、お金持ちも貧しいものも
隔たりない「素朴なギャンブル」
一歩足を踏み込めば、
ひとたちの素顔や日常の生活に触れる事のできる

 バリは小さな島だけど、たくさんの表情が隠れています。

みんなも「ご苦労さん」heart04

オダラン参加には、バリの人同行が必須なんです

お供えも正装も必要ですからね

体験談やオススメ等、お気軽にどうぞ!

メールアドレスは公開されませんので、お気軽にコメントをお寄せ下さい。

* マークは必須項目ですので必ずご記入下さい。